これは…

10ページくらい台詞のない鬱なシーンが続く漫画なんか誰が読みたいんだろうと思いながらも描いている。

***

微妙にネタバレになるかもですが。
ほのぼのした雰囲気ばかり好きで描いてたからこの漫画は自分的にかなりのチャレンジだったりします。ちなみにストーリー自体は最後を知ってるからなんとか好きを保っていられるけど、こういう描写(がある作品)は正直言って苦手です。自分の漫画なのにおかしいね@@
たった一人にでも良いから「え、この人こんなのも描くんだ…なんか意外」って良い意味でも悪い意味でも思われると嬉しいかも。